厚木県央ロータリークラブ

例会日: 毎週金曜日
時間 : 12:30
場所 : 厚木アーバンホテル
ログイン

第824回 例会 「夜間親睦例会」


例会


開催日 2015年10月2日(金) 18:30~
例 会 「夜間親睦例会」
担 当 会員組織委員会 委員長 関原敏文君
会 場 厚木アーバンホテル
週 報 第824回週報



【会長タイム】


皆さん こんばんは 今年度 初めての夜間例会ですが、参加人数が少ないようです。各委員会の委員長さん メンバーに声掛け 宜しくお願いします。
10月は米山記念奨学月間です。米山学友から3人目のガバナーが誕生しました。

高澤会員が10月11日厚木市柔道選手権大会に出場します。厚木県央ロータリークラブのゼッケンを付けて、公共イメージアップに貢献しますので、皆さん!荻野運動公園体育館に応援に行きましょう。
 
<アスリート名言集> 北島 康介
 負けたことによって、次に向けて 強くなれるチャンスがきっとある。



例会


【例 会】「夜間親睦例会」 10月2日(金)は夜間親睦例会でした。忘年家族例会や会員増強に役立てる為にテーブルディスカッションを行いました。今回は家族や知人が、当クラブの行事に参加した時に、何を感じ、何を思ったのかをテーマに、事前アンケートを行いました。このアンケート結果(別紙参照)を元にテーブルディスカッションを行いました。私達ロータリアンは、自クラブの風潮に慣れ親しんだ事により、疑問に思っていなかった事が、外から見ると『如何なものか…』と感じ取られてしまう事がある。この事を真摯に受け止めて、襟を正すべきであると痛感いたしました。常に心がけておきたいのが『おもてなしの心』であり、ゲストビジターの方々や協力頂いている全ての方々に最高の笑顔を持って、感謝を伝える事の大切さを感じさせてくれた例会でした。家族例会に家族の参加が少ないのは何故か、『日本人はパーティーに慣れていない。きれいに着飾ったパーティーではなく、気軽に参加できる家族例会を多く企画しよう。日本人だから行きづらい、気が引ける。こんな事は当たり前。日本人なんだから。誘う側も誘われる側も苦手同士、何とか家族を説得し続けて欲しい。回数を重ねて、家族同士が互いに知り合いとなり、慣れて頂く事でこの問題は解決してゆくんじゃない…。』といった意見に歓声があがった。先日行われた清川村の野外映画祭に関しては、最後に山口委員長から、『皆さん、参加者が少なかったとのご意見ですが、清川村の人達はまったく反対の感想を述べており、地元としては、近年にないにぎわいで、とても満足していた。』とのお言葉(笑)…何だかほんわかした気分でディスカッションを終わる事が出来ました。山口委員長ありがとう御座いました!


例会


次に、各同好会から今後の予定等に付いて発表頂きました。同好会には会長の他に幹事も選出して欲しい、対外的にも幹事の役目は重要である。との意見が出され、各同好会ごとに幹事も選出される事となった。

米山奨学生のキム君も参加してくれました。キム君たら、三竹さんの横で日本酒を美味しそうに飲んでおりました。しかし、日本酒は後から効いてくる事を身をもって知った様です。キム君曰く『僕、お酒は強くないんです…』あらあら…皆さんあまり飲まさないでやって下さいね。キム君が心配でしたので、春日会長がキム君を二次会(石黒会員のお店リオ)に同行し、ジュースを飲んで酔を冷ましてもらいました。

本日の理事会で、11月6日(金)のチャーターナイトには、勧誘中のゲストビジターを招待する事になりました。『皆さん、会員増強、宜しくお願いします。』