厚木県央ロータリークラブ

例会日: 毎週金曜日
時間 : 12:30
場所 : 厚木アーバンホテル
ログイン

第891回 例会 「新会員(入会2年未満)による会員増強例会」

例会


開催日 2017年3月10日(金)12:30~
例 会 「新会員(入会2年未満)による会員増強例会」
担 当 会員組織委員会
会 場 厚木アーバンホテル
週 報   第891回週報



会長タイム


【会長タイム】
 先週4日土曜日新川会員が所属する小学生女子厚木ソフトボールチームが第10回春季全日本大会に初出場を決め3月25日より今回小田原市で開催されます。全国制覇を目指して壮行会が開催されました。お祝いに参加して来ました。可愛い子達元気いっぱいがんばれ応援しています。

 WBC戦キューバ・オーストラリアと2連勝あと楽しみですね。

 地区会で女性会員増強の為のセミナーに、石井AGと村松会員と私で参加して来ました。詳しい話は、村松SAAにして貰いましょう。

 今週も新聞を賑わせております、北のミサイル4発発射日本海経済水域3発着水やシンガポールから大使強制出国。韓国では、パプクネ大統領の弾劾裁判で罷免
国内では残土有害物質で豊洲市場や森友学園それと長野県鉢伏山に消防・防災ヘリコプターの山岳遭難救助訓練中に墜落9人死亡等々哀しい事故が有りました。

 気分を変えて、皆さん知っていますか。玄関のドアーの話、ある国会議員言っていました。諸外国はほとんど、玄関の室内側から手前に開ける事。日本だけは、外に開ける。日本は、湿気や梅雨や台風の為ドアーの中に水切りや勾配を付けて水を外に出す事。それと日本人は外に開けて近所の人たちと仲良くする。少し前には鍵さえ掛けなかった。

 外国は犯罪者が多かったから身を守る事を考えた形だと思う。
何年か前までは、世界一犯罪が少ない国だった日本、そんな自慢出来るよう、皆で近所から、あいさつ運動しませんか。
 
 話しは違いますが、公開例会第6回実行委員会を例会後に開催します。そろそろ最終的な打ち合わせに成ると思いますが、皆さん楽しみにして下さい。



お花


【本日のテーブルフラワー】ブルースター
花言葉 幸福な愛・信じ合う心
原産地 ブラジル・ウルグアイ

【例会】「新会員(入会2年未満)による会員増強例会」

 本日は昨年8月26日第867回例会以来、久し振りの通常例会の担当です。前回の例会は会員増強月間でしたが、約7カ月が経ち神崎年度も既に3/4近くが過ぎようとしております。今例会は会員増強について入会2年未満の新会員の方に主役になって頂き、増強への意識や活動についてご意見を伺う機会と致しました。30分の限られた時間ですが貴重な意見を伺い、神崎会長の今年度目標純増「3名」を達成する為、残り3カ月少々ですが、会員増強についてクラブ全体の責務として意識新たに頑張りましょう。

1 例会行事の目的
 会員増強はクラブ全体の責務であります。今例会では新たに仲間になられた会員の声を聞きまた活躍して頂く事で、純減状態の現在から神崎会長の今年度の目標「純増3名」達成を最後まで努力する事を目的と致しました。
 新たなコミュニケーションを持っておられる、入会2年未満の新会員に増強について、意見や疑問を述べる事により増強への意識を持って頂き、更に新会員の意見発信により中堅・ベテラン会員にも同様に「増強」を再認識して頂く事を目的とします。「増強は会員全員の使命である」とクラブ一丸となって頑張りましょう。

2 神崎年度現時点においての会員状況
 会員各位ご存知の様に今年度上半期思いの外退会者が多く、残念ながら5名の方が我がクラブを去られました。退会理由はいずれの方も致し方がなく、クラブ内に於いての不満や軋轢が原因ではない事が救いです。その為上半期においては3名の純減状態となっております。しかしながら2月に松澤会員が入会され、更に2名の入会意思をお持ちの方がいらっしゃいますので、なんとか現在の純減状態から年度当初の会員数がみえてまいりました。今年度 地区全体として純増75名以上、会員数50名以上のクラブは純増2名、50名以下のクラブは純増1名、そして女性会員の増強と佐野ガバナーは地区の会員増強の目標を明確に示しております。現状 我がクラブは非常に厳しい状況ですが、ガバナーの目標は別としてクラブの活性化の為には、人的規模の縮減は避けなければなりません。我がクラブ活性化の為に神崎会長の目標達成のみならず、下半期更に20周年の来期も見据え、会員各位の更なるご努力をお願い致します。

3 新会員の意見 
 本日 対象の新会員の方に事前にアンケートの設問を預けご返答頂きました。会員組織委員会の佐藤新也副委員長が主導し、新会員の皆様の設問への返答並びにご意見を頂きました。
*事前アンケートに対しての意見及び返答

【設問1】入会した理由について。 
殆どの方が、クラブよりの勧誘を受けたからとの返答でした。出身校の先輩に誘われたからの返答も複数ありました。また「地域に根差す為、企業人としての役割」「年齢的にそろそろ何か奉仕活動に参加したいと考えた。」「一度はお断りしたビジターとして例会に参加して決心した。」「ロータリークラブの一員として奉仕活動をしたかった」とのご意見も頂きました。

【設問2】どの様に勧誘されましたか。
口頭での勧誘が多数でしたが、中には「松本に脅された」との事実と異なる返答がありましたので無視します。「在籍メンバーの品性の高さを感じた事が入会理由」との嬉しい返答もありました。

【設問3】会員増強の必要性を感じますか。
新会員の皆様もかなりの方が強弱はあれ、増強の必要性は感じておられる様です。少数ではありますが、感じないや実感がないとのご意見ありました。

【設問4】会員増強について意識した事がありますか。
残念ながら「意識した事がある」の返答は少数でした。しかし当然だとも感じております。まだご本人自身がロータリークラブへの理解が浅いうちに、他の方を勧誘する事まで踏み込めないでしょう。

以下 任意返答

【設問5】入会を勧められる方がいられますか。
1名の方から「居る」との返答がありました。

【設問6】増強は自分だけでは荷が重く感じますか。
感じる方が多い様です。

【設問7】増強や選考等があまり理解出来ていませんか。
理解できていないが多くクラブとして努力が必要に感じます。

例会及びアンケートにおいてのその他の意見を紹介させて頂きます。
・増強活動の上で勧誘用のツールやマニュアルがあればありがたい。
・クラブとしては現状程度のメンバー数で良いのでは?人数が多くなっても運営が難しくなるのでは?
・数を増やす事は意識していませんが、一緒に活動したいと思う人がいればリサーチはしています。
等のご意見も頂きました。
松本の私見ですが、私が入会してから2年3カ月の間に退会者が11名いらっしゃいました。残念ながらクラブ会員数の1/4に相当します。常に増強活動を行っていないとクラブの人的規模の確保が難しくなるのではないか思います。

4 他の会員の意見
増強について他の会員からも意見を伺いましたが、皆様も今迄あまり増強に対して意識が少々薄かった様なご意見が多かった様に感じました。

5 委員長の例会総括
 増強活動はすぐに実を結ぶものではありません。また増強は単年度の活動ではなくクラブが存続する為の継続活動です。これからも不断の勧誘活動が次年度・次々年度更には数年先の増強への下地ともなります。また新しく仲間になられた会員の方への、クラブとしてのフォローアップが少々不足している様です。会員組織委員会として、出来るだけ新会員の方へのサポートを心掛けていかなければならないと感じております。また新会員の方が入会されたなら、入会式の例会当日に厚木県央ロータリークラブについて、1時間程度で良いのでレクチャーして頂く様な事も検討して頂ければ、クラブにも馴染み易くまたロータリーへの基礎知識も得易いのではと考えております。

 最後に 長らく厚木県央ロータリークラブに在籍されている会員の方には、いまやこのクラブが人生の一部となっていらっしゃる方も多数おられる筈です。その様なかけがえのないクラブが今後も益々大きく、更に発展出来る様に会員各位の会員増強への意識向上を宜しくお願い致します。今例会が今後の会員増強活動の一助となれば幸いです。