厚木県央ロータリークラブ

例会日: 毎週金曜日
時間 : 12:30
場所 : 厚木アーバンホテル
ログイン

第880回 例会「第16回少年野球教室」(移動例会)

例会


開催日 2016年12月3日(土) 8:30~
例 会 「第16回少年野球教室」(移動例会)
講 師 横浜ベイスターズ選手
担 当 奉仕プロジェクト委員会
会 場 神奈川工科大学 野球グランド
週 報   第880回週報



会長タイム


【会長タイム】
本日も神奈川工科大学野球場をお借りして、各少年野球チームのメンバーの子供達、監督・コーチの皆様又子供達の親御様ようこそ厚木県央ロータリークラブ主催の少年野球教室に、お出で下さいまして有難う御座います。
毎年恒例の横浜ベイスターズ選手の5名が講師となり時間が許す限り、野球を教えて頂きましょう。監督・コーチの皆様もプロの選手の教え方を、参考にして頂き練習にお役立て頂ければ幸いです。
私達のクラブで奉仕プロジェクト委員会の関原委員長を初め会員の御努力で、本日の大会が開催されます。
これから練習に当り怪我などしない様、注意して頑張って下さい。
神奈川工科大学野球場をお借りするのに当り関係各位の御協力を賜り皆様の代表として御礼申し上げます。
有難う御座いました。

例会


【例 会】「第16回少年野球教室」
第880回(移動)例会は12月3日(土)神奈川工科大学KAITスタジアムに於いて第16回少年野球教室が開催されました。厚木県央RCの主催で、厚木市少年野球協会の協力を頂き、毎年恒例となっております。厚木市・愛川町・清川村在住の4年生~6年生までの子供達170名が参加してくれました。3年生以下の見学希望者を入れると189名となります。DeNAベイスターズの講師は次の5名でした。

チームサポーター 片平 保彦 (元捕手)
34番 平田 真吾 (投手)
65番 国吉 佑樹 (投手)
40番 松井飛雄馬 (内野手)
55番 後藤G武敏 (内野手・外野手)

熱狂的なファンの殺到を防ぐために、当日まで選手の名前は公表されませんでした。ロータリークラブの会員は8:00集合でしたが、7時半には子供達の元気な声が会場周辺に響いていました。
ロータリーの例会(セレモイニー)はグランドで8:30から公開例会として行われました。司会は副SAAの立脇孝二氏でした。4つのテスト唱和を後藤武敏選手にお願いし、ソングリーダーを松井飛馬内野手にお願いして、国家斉唱をしました。神崎会長の挨拶を含め例会セレモニーは15分間で終了しました。引き続き少年野球教室の開会式です。司会は少年野球協会の木村淳氏にお願いし、選手紹介を花上滋氏が行ないました。開会式終了後、今回新たに作成された『厚木県央ロータリークラブ少年野球教室』と書かれた横断幕の前でチームごとに記念撮影を行ないました。途中、小林市長が駆けつけて頂き、未来を担う子供達に暖かいお言葉を頂きました。
現役のプロ野球選手から直接指導を受ける少年野球教室では、子供達にとっても特別な事の様で、嬉しさのあまり目に涙を浮かべている子もおりました。最後にサイン色紙やサインボールが当たる抽選会を行ない、当選した子供達は満面の笑顔でした。最後に当クラブより努力賞として6年生全員(60名)にメダルが授与されました。閉会の挨拶は葛籠貫京子会長エレクトにお願いしました。 
グランドの片付け等は少年野球協会の方々にお願いし、私達と選手達は第2食堂に移動して昼食をとりました。ここでも色紙にサインをしてもらいました。この日は、日常ではなかなか経験できない一日となりました。今回も天候にも恵まれ、土曜日にもかかわらず多く方々の参加を頂き、大成功でした。ロータリー会員27名、プロ野球選手5名、少年野球協会14名、子供達189名、子供達の引率者50名、合計285名の参加でした。

当日は伊勢原ケーブルテレビや、タウンニュース、リベルタが取材に訪れてくれました。
伊勢原ケーブルテレビの放映予定:12月12日(月)~18日(日)
ワクワク情報局という番組で9:00・12:15・16:00・23:00と一日4回放映    
タウンニュースの掲載予定:12月8日。
リベルタは12月14日~16日にポスティングされます。

最後に、この継続事業が無事17回目を迎え、無事に終了する事が出来たのも、神奈川工科大学の協力があっての事です。柴田先生や野球部の新田監督さんにも大変お世話になりました。今回は委員長の至らなさが多くありましたが、皆さんのお陰で無事に終了する事ができました。ありがとう御座いました。


例会


ソングリーダー

例会


四つのテスト

例会


例会


例会


例会


例会


例会


例会